昨年、マクロビオティックスイーツコースのアドヴァンストクラスのメニューとして、サントノレを発表して以来、自分自身への課題としてシュー生地をもっとシュー生地らしくする、ということを課してきました。

 

ちなみにサントノレはこちら。(昨年のレッスン画像)

金曜日③サントノレ完成

私の大好きなシュー菓子の1つです。

 

 

その後、研究にはなかなか再度着手できずにいたのですが、この夏、少し進みました。

 

pate a chou

 

味はOKかな。
生地の固さと、焼きあがった後の上部と下部の生地の厚さはまだ不満ですが、中の空洞の出来具合、空洞の中にあるしとっとした生地は、卵、乳、白砂糖使用の本来の物にかな~り近くなりました!

 

絞り出すときの生地の固さは、形に大きく影響します。

生地が全体的に同じくらいの厚さになるのが、食感にも大切ですし、さまざまのシュー菓子に応用する際にも重要ポイントになってきます。

まだまだです。

 

少し進むたび、経過報告は皆さんにしていきたいと思っています(^^)

 

すでにアドヴァンストクラスで初期ヴァージョンを学ばれた方々へは、勉強会等を開催して学んでいただけますので、ご安心を!

 

完成したら、いろんなシュー菓子を展開していきたいと夢は広がります♡

Categories:

Tags:

Comments are closed

オンラインレッスン≪ヴィーガンdeフランス地方菓子巡り≫

Atelier TiDANEFA は、5月29日11時に初のオンラインレッスンを

スタートいたします

第1回目は店主の思い出深いブルターニュ地方の

ファー・ブルトンです!

大粒プルーンを入れてグラタン皿で焼く気軽なおやつ。

詳細はレッスン情報をご覧ください。