第1期生は今回が第8回目、最終回ですが、本日は第2期生の生徒さんなので、ちょうど折り返し地点です。

 

メニューはミルフィーユ。

 

 

パイになくてはならないはずのバターを使わずに、薄い層が重なったさくさく生地を焼きあげて、ミルフィーユを作ります。

 

マクロビオティック・オペラ「リストワール」と同様、このマクロビオティック・ミルフィーユも大絶賛をいただいた1品です。

 

 

もう1品はサクリスタン♪

 

帯状にカットしたパート・フィユテをねじって焼き上げる、パイのお菓子です。

 

伸ばしては折って休ませる、を繰り返すのでトータルの時間は長くかかりますが、マスターされたら焦ることなく自分のペースで作ることができるお菓子です。

 

上手に仕上げて頂きました♪

繊細な薄さの美しい層が重なったサクサクの生地に焼きあがりました。

 

木曜日クラス

 

黙っていれば普通のミルフィーユのようです。

 

苺のアイスクリームを添えました。

 

サクリスタンはココナッツシュガーを使ったので色が濃いですべね。

焦げたわけではありません(笑)

 

絶品なのです!

 

 

Categories:

Tags:

Comments are closed

オンラインレッスン≪ヴィーガンdeフランス地方菓子巡り≫

Atelier TiDANEFA は、5月29日11時に初のオンラインレッスンを

スタートいたします

第1回目は店主の思い出深いブルターニュ地方の

ファー・ブルトンです!

大粒プルーンを入れてグラタン皿で焼く気軽なおやつ。

詳細はレッスン情報をご覧ください。