以前からリクエスト頂いていたガトー・ショコラ・オ・ノワと、私の大好きなサラメ・ディ・チョコラートをご紹介しました。

2種類とも大好評でした!

 

金曜日クラス

 

ガトー・ショコラ・オ・ノワは、私が好きなものを組み合わせたケーキ。

ジェノワーズ、クレーム・ショコラを3段に重ね、胡桃をたっぷりサンドしています。

表面のミロワール・ショコラは、その名の通り、顔が映るほど透明感と艶があります。

この画像ではちょっと分かりにくいですが、中央のお花が少し映り込んでいます。

 

 

サラメ・ディ・チョコラートは、イタリア・ロンバルディア地方の伝統菓子。

チョコレートをサラミのように仕立てたスイーツです。

実は私は本場の物を食べたことがありません。

このお菓子に出会ったのは、まだ10代の頃、当時の私にはとっても高価だった中央公論社の「暮らしの設計」シリーズのひとつ、イタリア料理の本でした。

まだあまりイタリア料理店も数少なく、イタリアのドルチェはほとんど知られていない頃です。

その本にはジェラートもティラミスも載っていましたが、このサラメ・ディ・チョコラートにとっても魅かれたのでした。

それで、書いてある説明を頼りに作って楽しんでいたのでした。

豚肉の本物のサラミは、苦手だった私ですが、これは大好きでした!

いつかロンバルディア地方に行ってみたいです。

 

これならば、お酒に合いますし、スイーツがあまりお好きではない男性にも受けは良いのでは?

今日お越しくださった皆さん、ぜひ作ってみてくださいね。

 

Categories:

Tags:

Comments are closed

オンラインレッスン≪ヴィーガンdeフランス地方菓子巡り≫

Atelier TiDANEFA は、5月29日11時に初のオンラインレッスンを

スタートいたします

第1回目は店主の思い出深いブルターニュ地方の

ファー・ブルトンです!

大粒プルーンを入れてグラタン皿で焼く気軽なおやつ。

詳細はレッスン情報をご覧ください。