最近は1か月経つのがあまりにも早いです。

10月から新しく始まったインターミディエイト(長いので心の中では「中級」と呼んでいますが(笑))、もう第2回目を迎えました。

昨日の木曜日、アップできずに今日の金曜クラスと一緒に報告です。

 

今回のメニューはまるでヴァレンタインクラスのようですが、テーマは「チョコレート」でもあり、バターケーキタイプの生地応用編その2、でもあります。

☆ガトー・ショコラ オーツミルクとバナナのジェラート添え

☆パヴェ・オ・ショコラ

2回目木曜日クラス

(木曜日クラスの試食タイム)

ガトー・ショコラには、一般的に甘みをつけない生クリームをたっぷり添えて頂くのが美味しいですよね~♪ 口の中の温度で溶けていくクリーム(純乳脂肪に限りますが)が、ガトー・ショコラと融合する美味しさは、幸せを感じるマリアージュ♪

マクロビであってもその美味しさを表現したいと思っています。

そんなタイプのクリームは、ベーシックでご紹介しているクロテッドクリームが近いですが、でもちょっと違う。

なので、今回はジェラートにしました。

ベーシックですでに基本のヴァニラアイスクリームは済んでいるので、今回は新しい味に。

個人的には、豆乳より好きなオーツミルクをベースに、バナナをたっぷり、それに南大東島のラム酒を利かせてオトナなスイーツに仕上げました。

 

パヴェ・ドゥ・ジュネーヴは、日本では「生チョコ」という名前で知られています。

「マクロビスイーツだと思えない!」とのお声はすでに以前から頂いていて、私自身が大好きな一品なので嬉しさ倍増です♪

2回目金曜日クラス①

これは指がつい伸びてしまう危険なスイーツ!

食べ過ぎ注意です。

 

昨日も今日も、たくさんの事をお伝えしました。

明日の土曜日クラスの皆さん、お待ちしております。

Categories:

Tags:

Comments are closed

オンラインレッスン≪ヴィーガンdeフランス地方菓子巡り≫

Atelier TiDANEFA は、5月29日11時に初のオンラインレッスンを

スタートいたします

第1回目は店主の思い出深いブルターニュ地方の

ファー・ブルトンです!

大粒プルーンを入れてグラタン皿で焼く気軽なおやつ。

詳細はレッスン情報をご覧ください。