オーガニックのドライフルーツを国産ラム酒に漬込んで、2か月ほど。

今年初めてのフルーツケーキを焼きました。

もっと熟成させたものも良いけれど、それぞれのフルーツの色もまだ残っていて、それぞれの味も楽しめるこの時期のものも好き。

私が愛用している沖縄県伊江島のきびから直接作っているラム酒は、香りも味も穏やかなので、今ちょうど良い気がします。

Cake aux fruits (横) Cake aux fruits (縦)

 

数年前までは、卵、バター、白砂糖を使わずにこのケーキは無理だと思っていたけれど、そんなことないんですね。

美味しいフルーツケーキができました。

昔よく作っていた卵、バターたっぷりのフルーツケーキと同じいでたちにしたら、なんだか懐かしい気持ちでいっぱいになりました。

こうして記事を書いていると、ドライフルーツの甘さが混じったラム酒の上品な香りが漂ってきて、幸せな気持ち。

 

こんなどっしりしたケーキが美味しく感じる季節が近づいてきましたね。

寒い日の午後は、お気に入りのお茶をいれてゆったり頂きたいです。

Categories:

Tags:

Comments are closed

オンラインレッスン≪ヴィーガンdeフランス地方菓子巡り≫

Atelier TiDANEFA は、5月29日11時に初のオンラインレッスンを

スタートいたします

第1回目は店主の思い出深いブルターニュ地方の

ファー・ブルトンです!

大粒プルーンを入れてグラタン皿で焼く気軽なおやつ。

詳細はレッスン情報をご覧ください。