さて短期集中講座2日目です。

 

この猛暑の中、オーヴンフル稼働なのも手伝って、冷房2台の威力も負けそうでしたが、水分補給をしながら、みなさん、楽しくしっかり学んでくださいました。

 

午前中は

☆プレーンなカントリースコーン

☆お食事系のバジルトマトのスコーン

☆スコーン2種に合うクロテッド風のクリーム&オリーヴペースト

 

全部オーヴンから出て、たくさん並ぶと見ごたえありますね。

第2日目みなさんの作品

この2種類で、味の違いはもちろんですが、「作り方の違い」と、「水分量や油脂量の違い」の関係も学んでいただきました。

皆さんの作品も、周りはサクサク、中はふわっとしっとり♪

上手に焼き上げられましたね。

 

バジルトマトのスコーンはランチのパン代わりに、カントリースコーンは食後のスイーツとして試食して頂きました。

第2日目ランチタイム

 

第2日目ランチタイム②

 

3日間のちょうど中間地点の休憩です。

そう考えると早いものですね。

ご試食後はまた少しお話をして、そして午後は

☆ムース・オ・ショコラ

☆チュイル・オ・ザマンド

☆クレーム・ブリュレ

の3品です。

 

チュイルが焼き上がりました。

第2日目チュイル

大きさも形も様々、それぞれ表情があって可愛い♪

ちょうど良い焼き上がりを逃さずにオーヴンから取り出して、熱々のうちに瓦型にする作業は、いつも大騒ぎで盛り上がります。

 

ムース・オ・ショコラの仕上げもできました♪

第2日目ムースとチュイル

 

盛り付けしやすい固さまで固まるまでの間、ラッピングを。

楽しそうです(^^)

第2日目ラッピングの様子

遠方からお越しの方へは、作品をこちらでお預かりしてすぐに冷凍し、講座後に配送するサービスも承っています。

 

そのあと、ムース・オ・ショコラの盛り付けをし、クレーム・ブリュレのキャラメリゼを行って、食べ頃を逃さないよう急いで試食の準備と撮影会です。

第2日目レッスン後の試食

 

クレーム・ブリュレの表面、中央にラインが入っているように見えるのは、焦げ方の違いを学ぶためにできちゃったもの。

失敗ではなくて、わざとです(笑)

 

試食後はお決まりの座学。

慣れ親しんだ動物性の材料で作ったスイーツを全く違う材料で、食感や口溶け、味わいを近づけるにはどうしたらよいのか、考え方のヒントをお伝えしました。

皆さん、お疲れのところ、頑張って聞いてくださいました!

 

 

 

2日目もこうして無事にタイムスケジュール通りに終えることができました。

 

残すところ最終日のみ。

早いですね。

Categories:

Tags:

Comments are closed

オンラインレッスン≪ヴィーガンdeフランス地方菓子巡り≫

Atelier TiDANEFA は、5月29日11時に初のオンラインレッスンを

スタートいたします

第1回目は店主の思い出深いブルターニュ地方の

ファー・ブルトンです!

大粒プルーンを入れてグラタン皿で焼く気軽なおやつ。

詳細はレッスン情報をご覧ください。