卵や乳製品などの動物性の材料、白い砂糖など、今まで必須材料として当たり前に使ってきた材料を使わずにお菓子を作ること。

それ自体が簡単ではないし、限界があるの仕方のないことだけど、大切にしたいこと。

それは見た目、食感、風味、味、食後の満足感。

そして、忘れてはいけないと思っていること、そのお菓子の由来や歴史。

 

乳製品の風味はどうしても補うのは難しいけれど、できる範囲で限りなく近づけたい。

それはシンプルなお菓子ほど難しい。

このフィナンシェもとても苦戦したもののひとつ。

私の大好きな焼き菓子だからこそ、拘った。

現時点では、100点かな。

 

フィナンシェと呼ぶなら、型はこの金塊の形を使いたい。

フィナンシェ(編集済)

でも、これはシンプルな生地だから、ヴァリエーションとして色々な展開が可能。

そうしたら、他の型でいろんな焼き菓子が出来上がりそう。

ワクワク♪

Categories:

Tags:

Comments are closed

オンラインレッスン≪ヴィーガンdeフランス地方菓子巡り≫

Atelier TiDANEFA は、5月29日11時に初のオンラインレッスンを

スタートいたします

第1回目は店主の思い出深いブルターニュ地方の

ファー・ブルトンです!

大粒プルーンを入れてグラタン皿で焼く気軽なおやつ。

詳細はレッスン情報をご覧ください。