先日、自然栽培のブルーベリー狩りに行ってきました♪

ブルーベリー農園 旭

 

我が家のお庭のブルーベリーも、ほったらかし農法という自然栽培ですが(^^;、2本しかないので、朝食で食べたらおしまい、という量で、なかなかデザート作りには役立ちません。

 

そこで、ここぞ!とばかりたくさん摘んで食べて、1.3㎏も収穫してきました。

 

せっかくのフレッシュなブルーベリーですから、あれこれ作りたいのですが、なかなか時間をねん出できず、やっと作ったのがこれ。

 

ブルーベリーのタルトレット・グラッセ

ブルーベリーのタルト・グラッセ 編集済

 

もちろん、卵、乳、白砂糖不使用です♪

タルト生地をごく薄~くのばして焼いたものに、ヴァニラビーンズたっぷりのアイスクリームを詰め、ブルーベリージャムを薄く広げ、ブルーベリーをめいっぱいのせました。

タルト生地は壊れそうなくらい薄く延ばすのがポイントです。

 

割るとこんな感じ。

P1000818

 

少し柔らかくしたグラス・ヴァニーユを詰めた後、再び冷凍庫で冷やし固めます。

頂く直前にジャムを広げてブルーベリーをのせます。急がないとグラスが溶けてしまうので、大急ぎでカメラでパシャリ!

そして急いで頂きました♪

季節限定のとっておきデザートです。

 

ところで、ブルーベリーのことをフランス語では、myrtille ミルティーユ といいます。

この言葉の響きが素敵で、大好きで、以前2匹目のワンコを迎える時にこの名前も候補に挙げたのですが、結局止めたというエピソードがあります。

なぜかって。。。ミニチュアピンシャーには、このお嬢様風のミルティーユという優雅な響きが全然似合わなかったから(笑)

 

タルトを作る時、どうしても生地が余りますよね。

そんな時は、私は小さい一人分サイズの型に敷き込んで空焼きして、冷凍保存しておきます。

これは直径8㎝のタルトリングで焼いたもの。

そうすると、例えばちょっとクリームが余った時など、冷凍していたタルトレットに詰めてありあわせのフルーツを飾れば、立派なタルトレット・オ・フリュイが出来上がりです♪

 

Categories:

Tags:

Comments are closed

オンラインレッスン≪ヴィーガンdeフランス地方菓子巡り≫

Atelier TiDANEFA は、5月29日11時に初のオンラインレッスンを

スタートいたします

第1回目は店主の思い出深いブルターニュ地方の

ファー・ブルトンです!

大粒プルーンを入れてグラタン皿で焼く気軽なおやつ。

詳細はレッスン情報をご覧ください。